税金を医療費控除で安くする

税金は誰しもが払いたくないものではあるが、脱税するわけにはいかないために、結果的に支払わなければならない。この税金をいかに安くするかということで、いろいろなことを考える人がいる。法律の罠をうまくくぐって、解釈の違いなどで安くすることができたりする。それ以外にも普通の人でも簡単に安くする方法が知られている。そのなかに医療費控除というものがあったりする。医療費が10万円以上一年間でかかった場合は控除されて還付があるのだが、知らなければそれでおしまいということもまた不条理だ。それ以外にも年末調整で、払いすぎた税金を取り戻すことができたりするのだが、これもまた申請しなければそれで終わりだ。取られる時は強制的に調べられるのに還付金の場合は、申請しなければならないということはおかしなことだとは思わないか。そこで、国が潤っている部分もあるので、勉強しなければ損をするということを考えれば、一般常識を持っていることに越したことはないようだ。

Learn More

税金の控除の種類を知って、家計を助けよう

税金はややこしいから旦那まかせにしている、という主婦も少なくないはずである。しかし、税金の控除を行えば、かなりの支払った税金が戻ってくることもある。10円安いものを購入するために、スーパーを何件もはしごをするよりも、1年に1回税金の控除申請を行うだけで、365日のスーパーを駆け回るだけの労力以上のものが返ってくる場合もあるので、ぜひともチャレンジしていただきたい。申請しやすいものは医療費控除であろう。年間10万円以上の医療費がかかっている人が対象で、申請者の所得税から還付される。これは家族全員の領収書を足してもいいので、年間医療費が10万以上になっている家も少なくない。また住宅ローン減税の申請も所得税が還付される。会社勤めの人は2年目から年末調整できるが、1年目は税務署で申請を行わないといけないので要注意である。生命保険も控除の対象になるのは有名な話だろう。わたしたちは意外と多くの税金を支払っている。少しでも多く控除してもらう手段を知ることで、少しでも家計の助けになるかもしれない。

Learn More

住宅ローン控除は支払っている税金があるから還付されるものです。

知人から今、住宅を購入すると税金でメリットを受けることが出来るという話を聞いた。どうやら、住宅ローン控除の話らしい。住宅ローン控除は、年末の住宅ローン残高に対して1%の税額控除がなされる。これは、年末調整で完結するが、初年度のみ申告手続きをしなければならない。そして、住宅ローン控除で気をつけなければならないのは、税額控除であるため、支払っている税金つまり所得税がなければ、いくら、住宅ローン控除が使えるとはいえ、戻ってくるものは何もない。例えば、住宅ローンが年末に3000万円、源泉所得税が20万円あった場合、還付金は、3000万円の1%である30万円ではなく、20万円が上限になるということだ。また、住宅の購入に対して、贈与の特例を受けた場合は、その分が考慮されるため、実際の年末住宅ローン残高を使用するわけではない事に注意が必要である。一度、税務署に行って、いろいろ相談してみると税金のことが良く分かる。

Learn More

扶養家族が増えると税金の控除を受けることができます。

結婚して奥さんが専業主婦になったり、子供が出来たりすると扶養家族が増えるので税金の控除を受けることができます。既に、現役をリタイアして所得が少なくなったご両親がいる場合も扶養家族にすることが可能ですので、税法的にどちらがお得なのか一度検討してみるのも良いでしょう。また、もしサラリーマンの方に年末近くにお子様が誕生した場合などは、年末調整に間に合うように出生届を提出して、扶養家族の手続きを行えば、年末に還付金を受けることが出来ます。もし間に合わなければ確定申告を行いましょう。
私の場合ですが、12月の頭に長女と、次男を出産しましたので、あわただしく名前を決めて、出産後すぐに出生届を出して、夫が職場に提出したものです。赤ちゃんが生まれるとなにかと物いりですので、いくらかでも還付金が戻ってくるのは早いほうがありがたいですよね。税金というものは、支払えとは言ってきますが、控除は申請しないと返すとはいってくれませんので、しっかり申告をしましょう。

Learn More

保険をかけていると税金控除が受けられます。

たいていの人は、入院保障の保険や生命保険などに入っているかと思います。複合的にいくつもの保険に入っている人も少なくありませんから月々の掛け金も馬鹿になりませんよね。そんな保険の掛け金に対して、確定申告をすると税金の控除を受けることが出来ます。この税金控除を受けるためには、毎年秋になると各保険会社から確定申告用の用紙が送られてきますので、それを無くさないようにしなければなりません。サラリーマンの場合は11月頃に会社へ送られてきた用紙を添付して控除の申請をしておけば、年末調整時に合わせて還付金が戻ってきます。何かと物入りな年末ですから、たとえ数千円から数万円の還付金でも申請しなければ戻ってこないわけですから助かりますよね。個人で確定申告をするかたも忘れずに申告をするようにしましょう。ただしこの保険控除、昔は火災保険も控除対象だったのですが、現在は対象外となっています。しかし今回の東日本大震災で注目を集めた地震保険は控除対象ですので覚えておいてくださいね。

Learn More